鶴岡地区汚水準幹線築造(その2)